ピアニスト 平澤 真希(Maki Hirasawa) 公式サイト平澤 真希

MENU

プロフィール

平澤 真希(ピアニスト)

長野県伊那北高校を卒業後、東京音楽大学在学中にカロル・シマノフスキの音楽に強い影響を受ける。1993年、霧島国際音楽祭グランプリ受賞の折、音楽祭審査委員として来日していたポーランドの名ピアニスト、レギナ・スメンジャンカ(ショパン音楽院学長など歴任)に才能を認められ、ショパン音楽院(現ショパン音楽大学)に奨学金特待生として留学。シマノフスキの作品を中心に、ピアノソロ、ヴァイオリンデュオ、コンチェルト等、幅広いレパートリーを習得し、在学中からポーランド各地で演奏活動を行なう。数多くの国際音楽祭に出演。ショパン音楽院研究科最優秀首席卒業。

日本、ポーランド、フランス、オランダ、ウクライナ、クウェート、フィリピン等世界各地で演奏活動を行い、魅力的かつ比類ない音楽的個性と独創性を持ったピアニストと評されている。テレビ、ラジオ(ポーランド第1テレビ、NHK-FMなど)に出演。16年間ポーランドに在住し、巨匠音楽家たちのパートナーとして室内楽奏者でも2010年まで毎年世界各地でリサイタルを開いてきた。

またポーランドでも病気の子供達のために活動する団体に加わり音楽を提供し社会福祉にも力を注いでいる。 2010年元日、インターネット・TV、「FM南青山お正月特別番組・平澤真希珠玉のピアノ・コンサート」に出演。世界各地からの視聴を得て、1週間のアーカイブ放送予定が1ヶ月間のロングラン放送となるなど高い人気度を示した。

2010年から日本での活動を増やし、上野・東京文化会館、高崎シティーギャラリーホールなどコンサートツアーを行い「レクチャーコンサート"祖国への愛"シリーズ「ポーランド・ショパン後の音楽」と題し、ポーランドの文化勲章受賞ヴァイオリニスト、コンスタンティ・クルカとともに公演、聴衆に大きな感動を与えるなど各地でのコンサートを行うとともに、民放各局で精力的にテレビコンサートを行っている。

これまでに、CD「ショパン没後のポ-ランド音楽」、「パッション・ザ・ピアノ」、「ショパン室内楽曲全集」(コンスタンティ・クルカ、アンジェイ・ブルーベルとの共演)、帰国後、2014年2月ソニー・ミュージックダイレクトよりCD「オマージュ・ア・ショパン」をリリース。「レコード芸術」において「特選盤」に選定される。2015年紀尾井ホールにて「歓喜~闇の先に見えるもの」と題したテーマでのリサイタルを開催。

2011年震災後より作曲を始め2016年自作曲アルバム「水の記憶」をリリース。2017年より坐禅修行。2012年4月から2018年3月まで標高1200メートルにある清里「ホール・オブ・ホールズ」にて通算1300回の公演を行う。2018年11月6枚目のCD「Dhyanaディアーナ」をリリースし「レコード芸術」で準特選盤に選定。「魂のピアニスト」と呼ばれている。

(2019年5月現在)

推薦の言葉

平澤真希は私の指導のもと、最優秀最高点でショパン音楽院大学院を卒業しました。ピアニストとしての彼女は知的に統制された感情表現方法により、感動的で情熱的な演奏で作品を描いていきます。彼女は、音楽関係者、主催者、観客を魅了し、たくさんの素晴らしい感動を誘うことを確信しています。
レギナ・スメンジャンカ
(元ショパン音楽院学長、ショパン国際ピアノコンクール審査員)

平澤真希は才能あるひときわ目立った日本人ピアニストです。彼女の作品解釈は新鮮で、独創的でいつも音楽的に魅力的な味わいをもっています。彼女の音楽語法は生気に満ち溢れ、まさに燃えるような偉大な情熱をも与え、結果として観客の拍手喝采を得るのです。
タチアナ・シェバノワ
(ジュネーヴ国際音楽コンクール第1位、ショパン国際ピアノコンクール第2位)